仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!投資するべき通貨の選び方も紹介します♪

こんにちは、モロです。

今回は現在1000種類以上を超える仮想通貨の中から僕がおすすめする通貨をご紹介していきます。

また、投資の判断に必要な考え方なども説明しますので、今後状況が突然変わったとしても投資判断に困らないようになるような役に立つ知識なども得られるかと思いますので、是非読んでいってくださいね!

もし、細かい仮想通貨の仕組みなどがわからない!という方はこちらの初心者でも5分でわかる!仮想通貨の投資方法と仕組みまとめを読んでおいてくださいね!

モロがおすすめする仮想通貨ベスト5

それでは僕がおすすめする仮想通貨銘柄をご紹介していきますね!

ただし、下記注意事項をよく読み投資判断していただくようお願いします。

注意事項投資は自己責任ですので、最終的には自分で判断し投資してください。このブログを参考にして投資をしたら損をした!訴えてやる!というのはなしでお願いします。

Ripple(リップル)

総合評価

★★★★★

概要

銀行間送金のために使用されます。
全ての仮想通貨のハブ(中心になる的意味合い)となる可能性あり。
また価値が安定すれば緊急時における現実通貨のスケープゴートにも利用可能です。

用途

国際送金を簡素化。
手数料激減。
送金速度大幅向上。
送金ミス激減。
そのため無駄な銀行がいらなくなるなど影響あり。

将来性

真の仮想通貨足りえる通貨の一つ。
実現すれば文字通り金融インフラの革命となるくらい凄い。とにかく凄い。
一番困るのが銀行だがすでに大手銀行はリップルを送金技術の基軸として捉え、実装を待たれる状況です。

価格の妥当性

2018年4月の段階ではまだ安い気がします。
実需が増えれば確実に値上がりするはず。今後の各銀行の動向に注目です。

OmiseGO(オミセゴー)

総合評価

★★★★

概要

簡易的決済サービスを行うために使用される。
主に東南アジアで展開しており個人間での送金や決済に使用している。

用途

東南アジアなどの国では、銀行口座を開くのにお金がかかるため貧乏な人は銀行のシステムが利用できない状況だった。
そこで考え出されたのが「Omise」という決済サービスです。
現地の人は、銀行口座は持っていないがスマートフォンは持っているので、簡単に銀行のように利用できるこのサービスが瞬く間に流行ったということです。

将来性

ネット上の決済システムで有名なPayPalなどに取って代わるようなことがあれば、日本でも爆発的に普及が進むかと思います。
PayPalはクレジットの登録や銀行口座の登録など必要ですが、オミセゴーを使えばそういったわずらわしいことも必要なく個人間取引ができるようになります。
ビジネスでも使えますし、友達同士のやりとりにも使えます。

価格の妥当性

2017年7月から比べると10倍以上になっているようです。
日本にはまだ普及していないので、今後の展開次第ではさらに10倍になる可能性はあるかと思います。
評価についてですが、他の通貨と比べて若干お高めなので投資するのに躊躇しそう…という理由で★4にしました。

Siacoin(シアコイン)

総合評価

★★★★

概要

クラウド上で個人のPCのストレージを貸し出します。
仮想通貨の暗号化技術によりセキュリティも万全。
実質無限の保存領域を利用可能となります。

用途

用途として近いのはDropBoxやGoogleドライブ、OneDriveなど。
シアコインによって取引をしてクラウド上のストレージを利用します。
上記のストレージを利用する上での最大の問題点はセキュリティが緩いことだったため、仮想通貨の暗号化技術を応用したこのサービスに期待がもてますね。

将来性

上述する既存のサービスと肩を並べれば暴騰する可能性があります。
用途的にもそれを目指しており、将来的にNetflixやYouTubeなどのウェブ動画サービスを提供している会社が利用することになれば、個人がシアコインを使ってクラウド領域に映画を保存…などの未来もあるかもしれないです。

価格の正当性

2018年4月の段階では非常に安いのではないでしょうか?
問題は似たような用途の通貨が他にもあるということで、★4としました。
他の通貨と比べて優位性があれば勝てる可能性は十分あります。

SHIELD(シールド)

総合評価

★★★★★

概要

量子耐性コイン。
量子コンピューターへの対策を主軸として開発された通貨です。
要するにめっちゃセキュリティ能力が高い通貨です。

用途

将来起こりうる量子コンピューターからのハッキングなどに耐えうる通貨です。
それ以外でも通常の取引に関しても非常に機密性が高いシステムを採用し、セキュリティ強化に力を入れています。

将来性

何年後かわかりませんが、ゆくゆくはコンピューターの性能が上がり今ある通貨のほとんどが容易にハッキングされてしまう状況になります。
いくつもの通貨がゴミとなり消えていく中で、唯一生き残ってくるのが量子耐性を持った通貨です。
もしかしたらビットコインに変わる基軸通貨になるかもしれません。

価格の正当性

2018年4月の段階では非常に安いのではないでしょうか?
量子耐性を持ったコインといえば他にもありますが、特にセキュリティに力を入れているのはシールドだけだと思いますので、将来的に値上がる可能性は十分あります。

Golem(ゴーレム)

総合評価

★★★

概要

クラウドパソコンというイメージ。
世界中のPCの空き計算能力を借りて、擬似的にスーパーコンピューターを作り出す。
個人でスパコンを利用できるようになる。実現すれば凄い。

用途

コンピューターの能力を個人間で間借りして利用する分散型スーパーコンピューターを目指しているらしい。
これが実現すれば、超ハイスペックパソコンなど買わなくても誰でもどこでも超高速PCが使えるようになると考えられる。

将来性

実現できるかどうかが肝。
課題は多く、計画が頓挫する可能性が高いので投資リスクは高いが実現すればリップルどころではないと思う。
将来的にAIの計算能力を最大限引き出すために使うこともできそう。
実現すればパソコンがただのネット通信機と化してしまう…。

価格の正当性

2018年4月の段階ではまあまあ安いのではないでしょうか?
これからの展開によっては暴騰もあるのかと。
ただしリスクも高いので注意が必要です。よって評価は★3としました。

投資に値する仮想通貨の探し方

仮想通貨の真の用途について考える

仮想通貨のそれぞれの差というのは、2種類の要素により決定されると考えています。

①コンセンサス・アルゴリズム
コンセンサスアルゴリズムというのは、仮想通貨の根幹部分であるブロックチェーンの認証方式のことで、PoW、PoS、PoI、PoCの4つがあります。

詳しくはコンセンサスアルゴリズムの種類と意味についてに記載しております。

もし気になるようでしたら、こちらの記事を読んでおくと理解が深まると思います。

②用途
用途というのは、そもそも仮想通貨には3種類の特性があると考えられ、「純粋にコインとして使用する用途」「仮想通貨開発の土台となるようなコイン」「コイン独自のサービスを提供するもの」などがあります。

これら2つの要素を理解しつつ、将来性を考えた投資をすればガチホ戦略で数年後大きい利益を得られる可能性が高いと考えてます。

将来性について考える

将来性についてはこれから起こりうる未来を考えて予測します。

まず、量子コンピューターの話で言えばすでにIBMやNEC、富士通などで開発されており、遠くない未来に実現すると思われます。

そうなると、量子耐性を持ったコインというのが必要になりますので、まずビットコインはダメになります。

というかほとんどの仮想通貨がアウトになると思います(^▽^;)

なので、シールドがいいのかなーって感じです。

未来の流通価格について考える

これからも市場規模が大きくなっていくであろう仮想通貨市場ですが、将来的に価値が現実にある通貨の価値と同等になると仮定すると、現在の世界の通貨供給量(お金の流通量)がおよそ4000兆~6000兆ですから、もっと上がるだろうと予測できます。

2018年現在の仮想通貨市場規模は、60兆~80兆くらいでしょうか。

そうすると論理的に考えて6000兆までは後100倍ですので、そのぐらいにはなるだろうと予測できますし、1000倍はないだろうということもわかりますね。

ただし、価値がない通貨の場合は100倍になる前に消えてしまうこともあるかと思います。

僕が一番信頼性が高いと考えているリップルで言えば、途中で消えてなくならないのであれば100円が10000円くらいまで上がるのではないでしょうか。

逆算して一番旨みのある時期に売り切れ!

仮想通貨を売るタイミングですが、一番いいタイミングというのは仮想通貨ごとに違うのでなかなか難しいですよね。

例えばリップルの場合でいえば、何年後かに誰もがリップルを知っている状態(近所のおばちゃんが知っているレベル)になったら売ればいいと思ってます。

多分現状では、仮想通貨自体詐欺と思われている感があるのでまだまだ余裕で間に合いますね!

ということで、売り時は仮想通貨を使うことが世界中で当たり前になってきたら考え始めればいいはずです。

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング:まとめ

現在の仮想通貨市場は発展途中です。

2017年が仮想通貨元年とか言われていましたから、まさにその通りですね。

ですので、経済の拡大と同じように時間が経てば必ず仮想通貨の価値が上がっていきます。

その中で、もしかしたら上がる途中で思ったより使えなかったり、実需にそぐわなかったり、問題があったりした場合にその通貨は価値がないと思われ、投資対象から外れ脱落し、消えていってしまうかもしれません…。

結局究極的に言えば、使えない通貨は全てゴミになる可能性があるのです。

なので使える通貨に投資するという、至極単純な話をしているだけなんですよね(^▽^;)

そうはいっても、投資に絶対はありませんので判断をミスらないように日々の情報収集も怠らないよう注意していきましょう!

以前書いた初心者が必ず見るべき仮想通貨ブログ10選!情報収集はブログからがおすすめです♪も参考にしてみてもいいかと思います!

僕以外の手法も学ぶことで戦略がより強固になりますよ!

ではまた!

===============================

いつも応援クリックありがとうございます♪

おもしろかったらシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です