副業で転売をするときの倫理観について正直な気持ちをお話する

こんにちは!モロです(^^♪

転売って悪いことじゃないの?と何処かの誰かがつぶやくときがあります。

そういったときは、総じて『ビジネスというものをわかっていないな』と思うのですが、ときと場合によっては悪いことなんじゃないかと感じてしまうことがあります。

全体を俯瞰して見ると、転売にはいい転売と悪い転売があって、この差は個人個人の倫理観によるものなんじゃないかと考えました。

僕の中で安く買って高く売るという行為は、商売全般で行われていることですから転売全体で言えばまあ問題ないだろと思うわけです。

まして正規にメーカーなどと取引して、Amazonなどに売るとかは立派なビジネスですよね。

なんですが、中には問題がある売り方というのもありまして…。

例えばチケット転売。

これ僕は絶対にやらないんですが、理由としてコンサートとかライブとかよく行くんで、普通に適正価格で買えなくなる確率が上がってしまうだろと。

あんたら買わなきゃ普通に買えたかもしれないしってやつですね(^^ゞ

後は無料プレゼントの横流し。

何かのキャンペーンなんかに登録して、無料プレゼントを貰いそれをそのまま転売してしまうというやつです。

これ、企業がわざわざ生産ライン動かして商品作ったりしてますから、無料プレゼントとはいえ結構お金かかってるわけで。

さらに言うと、少しでも自社の商品を手に取ってほしい!っていう気持ちをないがしろにしていると思うんですね。

だからやらないんですが。

そうすると、いい転売というのは『不特定多数に対して仕入れた商品を通じ正の価値を与えるもの』で、悪い転売は『自分の利益を優先するために他者の正の価値を奪うもの』であるといえるのではないでしょうか?

ということで、今回は転売についての倫理観についてお話していこうと思います!

転売に対して引け目を感じる…という人にとって有益な情報になるよう頑張って説明します(^^♪

1番必要なのは正しい倫理的価値観を持って取り組むことである

そもそも倫理観ってなによ?って方も中にはいるので説明しますが、要するに人間としてまともな考えを持っているか?ということです。

例えば不倫で説明すると、不倫は妻子持ちだろうが男だったらガンガンやっちゃえばいいって人と、不倫する男なんて問答無用でクソ!と考える人がいるわけです。

で、どっちかというと世間一般では後者側のほうが印象がよくありませんか?まあ、僕も後者側なんですが(^^ゞ

この不倫というのは法律でやっちゃダメなんだよ、と言われているわけではないけれど、やるとあまり印象がよくないですよね。

こういったことに対して倫理観が問われるなどと言われるのです。

さて、話を戻して転売の話ですが、転売には2種類ありましたね。

端的に言えば、いい転売だけやっていれば何かで悩む必要もないので気が楽だと思いますが、中には悪い転売を行って私腹を肥やしている人もいるのです。

そして、表舞台に出てくる転売ヤーとか呼ばれたりして忌み嫌われるような人というのが、結構悪い転売をやっている確率が高いです。

例えば限定品のおもちゃやゲームを仲間を何十人も集めてまとめ買いして、子供も並んでいたのに購入して全部自分の利益にしてしまうとか。

なんかスッキリしないというか、気持ち悪くなってしまいますよね(^^ゞ

ということで、今回この記事を書こうと思った原因のツイートを掲載します。

簡単に言うと、無料プレゼントを貰ってそれをメルカリで売って儲けたぜ!という話です。

まあ賛否両論ありますが、僕としてはこれは悪い転売だなあと言わざる負えないのです。

企業の正の価値を自分の利益のためだけに利用してお金を得ているわけですからね(^^ゞ

こんなこというと、生活のために必死なんだよ!とかリプが飛んできそうですが、そんなことするぐらいだったら転売辞めるわって話で。

ビジネスだって他にもいっぱいありますから!

自分がこれは間違ってると思うなら、違うことやったほうが精神衛生上間違いなくいいですから(^^♪

他人への共感力を上げて価値提供に専念する

そうするとやっぱり悪いビジネスをコソコソとやらずに、良いビジネスをかっこよくやりたいですよね。

転売で凄い!と思った人の中には、ホームセンター行ってフライパン仕入れて120万儲けた人なんかもいるんですが、この場合は在庫処分したいフライパンがあったホームセンターと利害関係が一致して正にwin-winの関係になったいい例ですね!

ちなみにわっきーさんと言いまして、非常に尊敬している方です。

記事も下記に貼っておきますね(^^♪

せどりでフライパンを売って2ヶ月で120万円儲かった件

普通に凄いし、僕がやるんだったらこういった転売をしたいですねえ。

だから結局はどれだけ価値を提供できるか?ということなんだと思います。

この記事で言えば、ホームセンターでネットで売れる商品を探していてフライパンを見つけた。

調べてみると利益が取れるようだ、しかもゴロゴロ置いてある。

これをAmazonに出品したら欲しい人がいっぱいいるはずだ。

お値打ちだし、飛ぶように売れるだろう。

買ってみて、在庫はあるか聞いてみた。

幸い、在庫はまだあってどうやら処分に困っていたらしい。

じゃあ買いますと、全てのフライパンを仕入れた。

他県の店舗とかにもあるのではないか?と電話をかけたりして確認。

売っていれば直接出向いて全買い。

その後出品してあっという間に売り切れ、120万の利益達成。

在庫を全て買ってネットに流す。出品された商品を見て価値を感じお客様がバンバン買っていく。結果経済がぐるぐる回っているのです。

これが『不特定多数に対して仕入れた商品を通じ正の価値を与える』ことそのものですよね(^^♪

で、他人から見て仕入れに対する納得感もありますので、非常にクリーンなビジネスに見えます。

こういった価値提供を目指して転売を行っていくと悪いイメージはつかないのかなと思います!

なぜ倫理観が欠如しているのか

じゃあなんでこういった正しいことを行わない人が多いのか。

それは、最近のビジネスしようぜ!という空気感がより強くなってきたことによる弊害なんじゃないかと考えてます。

ビジネスをやっているのであれば、ある程度の結果を出す必要性=お金を稼がなければいけません。

そうしないと、発言力も信頼も得られなくなってきています。

だから、安易に儲かるような手法を好んで使ってしまうような人が少なからず現れてしまいます。

さらにそういった人を参考にして、そのコピーみたいな人が量産されてしまったりもします(^^ゞ

例え人間的に間違っていたとしても、インフルエンサーを持ち上げていれば引き上げてくれるんじゃないか…などといった淡い期待などを考えるような人も中にはいますしね。

なので、他人は他人として自分のペースで正しいことをやり続けるべきなんじゃないでしょうか。

確かに焦る気持ちもあるでしょう。

僕も何度も結果を早く出して有名になりたい!とか考えていましたし、当然です。

あなたは1年で焦って結果出して詐欺呼ばわりされて消えていくのと、5年10年続くようなビジネスを構築して慕われ続ける生き方の方が絶対楽しいはずじゃないですか?

だからこそ、正しい倫理観を持って真っ当にビジネスをしていくべきです。

遅くても大丈夫です。

諦めなければ絶対に成功にたどり着けるはずですよ(^^♪

副業で転売をするときの倫理観について正直な気持ちをお話する:まとめ

まとめると倫理観は自分次第、インフルエンサーの言葉は安易に鵜呑みにしないで自分で考え、決断していくことが重要ということでした!

なんかあのツイート見てすごく書きたくなったんですよね。

ああいうの腹が立つというか、自分さえよければ後は知らね!みたいなの嫌いなので勢いで書いてしまいました(^^ゞ

確かにメルカリとか見てると初回無料の商品を出品している人が大勢いますしね~。

余談ですが、こういう商品を無料登録して仕入れて数ヶ月以内に途中解約できるリスト!みたいなのコミュニティで出回ってたなあ…。

え!いいの!?ってそんとき思ったけど、今回のツイートとリプライを見てどうやら僕の倫理観は間違いではなかったっぽくて安心しました笑

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

おもしろかったらシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です