絶縁監視装置の設置のメリットについて

こんにちは、諸川電気管理事務所の諸川です。

今回は絶縁監視装置を取り付けるメリットについてお話していきます。

絶縁監視装置とは、契約要件にもかかわってくるもので取り付けると毎月月次点検をしなくても正しい保安業務がなされていると判断されるため、隔月点検(2か月に1回)が可能となります。

また、絶縁監視装置を取り付けなくても、設備容量が少なければこういった特別要件が適用され同じように隔月点検が可能になります。

その上、管理上必要となる換算係数の圧縮も可能となっており、それなりに大きい物件であればほぼ必ずと言っていいほど絶縁監視装置が取り付けられているのが現状です。

手続きに関してもそこまで難しいものでもなく、各最寄りの保安監督部に所定の様式で提出するだけで許可が下りようになっています。

そんな絶縁監視装置ですが、点検回数が減らせるのと点数の圧縮ができること以外に、もっと大事なことがあります。

それは、装置自体の機能です。

例えば停電通知というものを基本機能として備えており、停電を検知するとアラートメールが飛ぶように設定ができます。

また、漏電の検知も行うことができるので急な漏電などをすぐに知らせてくれるようになります。

こういった機能を持っているからこそ、保安監督部の認可が下り点検回数などを減らすことができるとまず覚えておくといいです。

要するに、点数圧縮や点検回数を減らせることは副次的な要素でしかなく、メインの機能は異常の検知とアラート機能ということになります。

ですから、設備容量が小さかろうが大きかろうが、絶縁監視装置は必ず設置するべきではないか?というのが当事務所の見解です。

点数を圧縮することにより、管理する物件数を33点から52.8点まで増やすことができますので、その分お客様も多く見ることができますし売上も多くなりますし、点検回数も少なくなりますので体的負担が減ります。

ですが、電気管理技術者として一番大事なのは、お客様がいかに安心して電気を使える環境を整えるか?だと思っています。

そのための有効な手段として、絶縁監視装置があるのではないでしょうか。

当事務所では、絶縁監視装置の本体台や契約料金、月の使用料等は全てこちらで負担し提供するようにしています。

是非とも安全安心のため、絶縁監視装置の取り付けをご検討いただければ幸いです。

なお、当事務所でご契約させていただいている絶縁監視装置はオムロン社製のAZ100という製品になります。下記公式ページのリンクを貼っておりますので、興味のある方は確認してみてください。

ALLwatch Ior対応絶縁監視装置

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

諸川電気管理事務所代表。工業高校電気科卒業後、電気工事業とビル管理業を経験し37歳で独立。現在神奈川県横浜市にて電気管理技術者として仕事をしている。その他では職業訓練校の非常勤講師や資格試験対策の講師、当事務所が加入している協会の神奈川県理事などを引き受けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。